ブログ

FLOWERS YUCAND

YUCANDのきっかけは5年前の母の日
ギャラリーだった現ショップスペースを2日間だけ借りて母の日限定のお花屋さんをオープンしたことでした

ずっと花業界で仕事はしていたけどゼロから自分だけの空間を作り出したのはその時が初めて
自分で言いますがとってもかわいいショップで
その時のわたしの精一杯が詰まっていました

自分の目で選んだお花を
自分の手でディスプレイし
アレンジを作り ブーケを束ね
わたしだけのお客様にお花を手渡す

働いていた花屋さんでもやってきた作業が
それまでの何十倍もキラキラしたことに感じました

結婚や出産後も花の仕事を続ける人は少なく
花を一生の仕事にしたいなら独立が近道だと思いスタートした個人での仕事

そこから月に一度のイベントショップを3年
数少ない自分の仕事をこなしながらずっと花屋さんでバイトを続けていました
お金も無くて、先も見えない
続けても仕事になるのか、ただの自己満足の趣味なのか
どうやって前に進んでいいのかわからずにいました

突然色んなことが動きだし 色んなきっかけが重なって今のお店をオープン
FLOWERS YUCANDをスタートしました

フラワーズユッキャンドの意味はYUCARI AND FLOWERS
ユカリトハナ わたしと花 という意味の造語で
昔付き合っていたカメラマンの彼氏が当時、花の写真展をしてくれた時のタイトルでした
綴りは違ったかもしれないし、意味も多分ちがう、でも響きが気に入って勝手にいただきました
大きな仕事もたくさんしていた彼の写真やモノを作る姿勢はお店をスタートした頃よく思い出しました

全然覚えてもらえない名前ですがこの名前にしてよかった
YUCANDはお店の名前ではなく
わたしが花と関わっていくための名前
コンセプトもテイストもない
その時のその時のわたしらしい花との向き合い方で花を届けていきたい

お店をスタートして1年半
お店のこと自分のこと花のこと毎日色んなことを考えました
このお店がたくさんの喜びをくれ
でも、お店があることで自由が効かない面もありました
身の丈に合わない固定費を捻出する為にやりたいこととやらなきゃいけないことできることのバランスを上手に取れず、ぐるぐる苦しい状態も続いていました
資金がない、時間がない
理想通りにはモチロンいかない
それでもきっと良くなっていくと信じてやってきましたが
テナント側の事情でショップをお返しすることになりました

1年前よりは確実に増えたお客様
もったいない気はします

でも良いタイミングでやってきた
より良い形を探すためのキッカケと思っています

今よりもっとYUCANDらしい形になってゆくと思え
スルリと決断できました

今のお店が無くなることに淋しさはありますが
ココで出会った大切な人との繋がりが続いてゆけば
他はまたゼロからでもいいんだと思えるようになりました

お店をする前は自分のお店なんて二度とないチャンスと思っていたけど
今はまたいつでも出来るって思えるようになりました

YUCANDのコレカラはコレマデよりも楽しくなる そんな予感でワクワクします
ショップクローズ後も花の仕事はもちろん続きます
また日々ご報告してゆきます

どうぞ応援してくださいimage

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ORDER


オンラインショッピングはこちら


ご予算・目的に合わせたご注文はこちら

LESSON


レッスン情報はこちら

NEW POST

Instagram

 さくら、くつ、てんとう虫
   夜のMUSEUMひとりじめ
 なんかメルヘンに育っているムスコ… 春になって花摘みを楽しんでいるよ 基本カブリモノ嫌いだけど花かんむりは被ってくれるよ カラスノエンドウで作った花かんむり サクラとタンポポもつけてとのリクエスト カワイイのにこんな日に限って ばぁばんち置いてた苦手な赤×黒コーデ  ダイスキなモネの庭
ページ上部へ戻る